個別的・生理的・継続的に産前産後をサポートす

​助産宿 -josanjuku-

わたしもあなたも、

みんなが当事者として、

頼りあい支えあい、

自分らしく輝ける場と
自分らしさを大切に

選択・納得できる情報を提供します

【2022年のいいお産の日♡オンラインシンポジウムを開催します!】
妊娠・出産・子育てにどんな支援があったら、安心して産み育てやすくなりますか。子どもたちが大人になったとき、

どんな寄り添いやサポートがあれば、子どもを持つことをためらわず、「親になること」を安心して選べますか。

助産宿では「産み育ての環境を考える~助産師とのつながりの中で~」と題して、シンポジウムを開催します。

オンラインで世界中どちらからでもご参加いただけます!貴重なこの機会にぜひ参加をご検討いただければと存じます♬


2022年11月3日(木祝)14~17時 完全オンライン(Zoomウェビナー)で開催


主なプログラム
13:50~Zoom オープン
〇基調講演 「赤ちゃんから見たお産」 大阪母子医療センター・北島 博之さん

〇シンポジスト講演

①お産体験の報告 お母さん代表・松本千恵美さん 「産み場所の選択~千葉・福岡の助産院と自宅出産~」

②お産体験の報告 お父さん代表・金森右席さん 「できるだけ」がちょうどよかった 僕と家族のお産

③「助産師(さんば)と一緒ならできる!~オーダーメードな自分だけのお産~」
さんばステーション日野春 松浦助産院 助産師・松浦 照子さん

④「びっくり! 日英助産業の違い~日本の産科環境にないもの~」
英国・ロンドン National Health Service(公共健康医療機構) 助産師・おざわじゅんこさん

⑤「お産の仕方はひとつじゃない なぜ今、助産院出産か~助産院で産むということ~」
NPO出産子育て向上委員会 若草助産院 助産師 小林 昌代さん〇登壇者によるディスカッション 
ファシリテーション:しぶや助産院 助産師 澁谷貴子さん


参加費:一般 2,000円 医療従事者 4,000円 お申し込みはこちらから 

当日まで、InstagramやFacebookを中心に、関連情報を発信していきます! どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ先 助産宿(じょさんじゅく)josanjuku@gmail.com 080-4141-5878(佐藤)

S__64430098.jpg
118790596_3318870404858929_6380358222901

ABOUT

妊娠・出産・産後を

​家族まるごと尊重して

サポート&ケア

 「産前産後の学び舎」(産前学級・産後教室など)や「オンラインお話会」を通して、お母さんと子ども、

その家族の価値観や生き方、暮らし方を尊重し、自分らしく選択・納得できるケアとサポートをめざします。

 自分が自分であることを親も子どもも、支援者も、

みんなが誇りを持って、主役になって集える場や情報を提供し、安心して産み育てやすい地域のつながりをつくり、家庭や地域に根付いたいのちの営みを支援します。

S__64430097.jpg
 

​助産宿の支援

産前産後の学び舎
オンラインのお話会

​会員制度

産前産後の学び舎(産前学級・産後教室)

妊娠前後に参加できる産前学級、

産後をフォローする産後教室を通して、

安心して産み育てやすい準備をサポートします。

同年代の親子が出会い、

​つながる場としてもぜひご活用ください!

オンラインお話会&つながる場づくり

気軽に何でも話せるお話会。

毎回、いのちや家族に関するテーマを設けています。
(原則第3日曜日14~16時、参加費500円)

また、みんなが集う場づくりや映画の上映会を通して、

安心して気軽に参加できる交流を実現。

地域のつながりや妊娠から子育てについても、

共に考え、模索していきます。

​多様なつながり・支え合いの豊かさを

​利用者・賛同者の声

つまがり 俊明さん

(船橋市議会議員)

子ども達が生まれ、育ちやすい

環境や雰囲気をつくるには

市民活動の盛り上がりが要です。応援しております。

​光畑 由佳さん

(有限会社モーハウス代表取締役)

いつの間にかあきらめていた

言葉や想いに、心震えました。

応援しています。活動でご一緒できることがあればぜひ!

​30代・2児のお母さん

(お産のおしゃべり会に参加して)出産のことをいろいろしみじみ

思い出しました。

ほかのお母さんのお話を聞いて、勇気や元気をもらい、

励まされました!!良い機会を

ありがとうございました

​つながる&支え合う&頼り合う

 
会員募集 投稿用 (2).png
2_0.png